2019.11.15

元気に集まりました!

故・山野壽彦さんを偲び毎日旧友会ゴルフ 

 第158回毎日旧友会ゴルフコンペが11月14日、宝塚クラシックゴルフ倶楽部で開催された。中心的メンバーとして活躍した山野壽彦さんが、前回9月例会に参加後、急死されたことを受け、「山野さんを偲ぶ追悼コンペ」として開催。参加した14人がグリー…

2019.11.14

委員会活動報告

12月10に運営委員会

 毎友会は2019年12月10日午後4時から、大阪本社16階第4会議室で運営委員会を開きます。秋季総会のまとめと、2020年の春季総会への取り組みなどが議題です。  総会後、9階食堂喫茶室で懇親会を開きます。会費は3000円。  総会・懇親…

2019.11.08

閑・感・観~寄稿コーナー~

退職を機に、ラジオ体操、俳句、そして山登り(中谷 清次) 

 2019年5月で10年間勤めた再就職先を退職。これを機に頭と体のボケ防止にいくつか新しいことに挑戦しています。  私はこれまで山登りは25年ほど前から、週2~3回のランニングは10年になります。退職、そして毎日が日曜日の生活。これから、〝…

2019.11.08

委員会活動報告

HP編集委員会で、会員の近況の入力作業開始

 毎友会のホームページ(HP)編集委員会が2019年11月5日に開かれました。渡会文化会長も参加して、総会の出欠はがきに書かれていた会員の近況の入力について話し合いました。  近況は総会会場に張られました。次の毎友会たよりに掲載しますが、そ…

2019.11.07

閑・感・観~寄稿コーナー~

一念発起、ISS飛行の特殊写真撮影に挑戦(西浜 彰夫)

 私は毎日新聞で33年間の勤務後、地元CATVの立ち上げに参画して70歳で退任、現在は趣味の毎日です。最近は地元のカメラ好きを対象に写真教室を開催して忙しくしています。  さて、昨今の各地の写真展は、いずれ劣らぬ強豪揃いで、なかなか入賞でき…

2019.11.03

元気に集まりました!

大阪毎日「45テニス」秋季合宿で10人が熱戦

  毎日テニスクラブOB合宿が10月20~21日、京都府福知山市・三和荘で開催した。一泊二日のダブルス戦を行い、10人が熱戦熱戦を繰り広げた。  初日は他社の参加で交流戦の親善試合。過去を懐かしむ、五社対抗戦の雰囲気も随所に見られた。  毎…

2019.10.30

閑・感・観~寄稿コーナー~

被爆者とともに歩む~「後期高齢者」の肩書きを手に(長谷 邦彦)

 2019年がもう終わろうとしている。日本社会は来るべき年を「2020東京オリンピック」一色に塗り込める準備に明け暮れる。その渦が巻き始める直前、私は「後期高齢者」という「人生のおまけ」のような肩書を勝ち取った。はて、この「おまけの人生」を…

2019.10.12

元気に集まりました!

毎日あゆみ会の秋の遠足「岸和田城とだんじり会館」

 毎日あゆみ会の秋の日帰り行事「岸和田城とだんじり会館」は10月3日開催、ご夫婦2組を入れて22人が参加、城下町のまち歩きを楽しみました。歴史のあるこじんまりとした岸和田城と史跡の残る城下町、300年の伝統を誇る勇壮なだんじり祭りの資料館な…

2019.10.11

先輩後輩

新刊紹介 「生類憐れみの令」の真実(仁科邦男著、草思社)=東京毎友会のHPから

 著者の仁科邦男さんは、社会部記者から出版局長、毎日映画社社長などを歴任したが、こうした経歴よりも、いまや「犬」研究の第一人者として知られている。  関係の著書は「犬の伊勢参り」(平凡社新書)、「犬たちの明治維新 ポチの誕生」(草思社)、「…

2019.10.10

先輩後輩

OBの季刊同人誌『人生八聲』が20巻の記念号に(東京毎友会のHPから)

 元主筆、木戸湊さんが提案して5年前から有志で発行している季刊の同人誌『人生八聲』が2019年10月発行の秋季号で20巻に達しました。毎日新聞OBを中心に、現役時代に書き残した話やリタイア後の生活記録など毎号20数人が執筆し、多彩な内容とな…